スクールハブとは

スクールハブ(スクハブ!)とは、学校の先生を対象とした、授業で使用する資料を先生同士で共有するためのコミュニティプラットフォームです。

 

学校の授業で使用する資料を先生がお互いに投稿しあい、みんなで共有して利用することで、より良い授業を行うことを目指しています。

 

料理のレシピを投稿・検索する「クックパッド」や、動画を投稿・検索する「You Tube」のように、ユーザーの先生方が授業の資料をアップロードし、お互いに利用できるサービスを目指しています。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スクールハブの概要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 教育3-1.png

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

このサービスを作った背景

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの学校が休校を余儀なくされています。そして、授業を受けられない子供たちがたくさんいます。

 

海外ではテレビ会議システムなどを利用して先生が生徒に授業を動画配信したり、オンラインを活用して課題の配布と提出をする取り組みが始まっています。

 

一方、日本では、休校中の生徒に対してのオンラインを活用した授業はあまり普及していません。授業では、聴覚情報だけでなく視覚情報も非常に重要です。

 

オンラインで授業を行う場合、パソコンやタブレット端末で見ることができる電子化された授業の資料が必要不可欠になります。日本の小学、中学、高校では、先生が黒板に板書をし、生徒がノートに書き写すという授業のスタイルが主流です。そのため、大学の授業や企業の研修では当たり前に行われているパワーポイントなどを使った授業の資料は一部の先生しか作っていません。

 

パワーポイントなどのデジタル化した授業資料がないことが、オンラインで授業をできない原因の一つとなっています。私たちは、先生がお互いの授業資料を共有するプラットフォームで課題を解決したいと考え、スクールハブを作りました。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

解決したい課題

 

現在、世の中は非常に速いスピードで変化しています。時代の変化に合わせて教育も変化する必要がありますが、多くの教育現場では授業内容が時代の変化に対応できていません。

 

また、先生が黒板に板書し、それを生徒がノートに書き写すスタイルは、戦後数十年変わっていません。この授業スタイルは長所もたくさんありますが、板書する時間と子供に背を向けている時間が長いため、生徒が飽きてしまうといったデメリットもあります。

 

パワーポイントなどの電子化された授業資料があれば、プロジェクターで投影することで、板書と書き写しの時間を節約し、生徒が考えたりディスカッションをする時間に充てることもできます。さらに資料の修正や共有も楽になります。

 

全国で同じ教科書を使用している学校はたくさんあります。同じ学年の同じ教科であれば、授業の内容は基本的に同じのはずですが、多くの先生方は、すべて自分で、一から授業資料を作成することが多く、授業の準備に非常に多くの時間がかかり、効率がよくありません。 

 

民間企業では、社内で資料を共有し、必要に応じて各自でカスタマイズすることが一般的です。学校の授業の準備は、各教師が一からすべて資料を作ることが一般的で、非常に労力がかかり、長時間労働につながっています。時代の変化に対応するために、教師自身が新たな知識を得る必要がありますが、勉強する時間がなく、十分に自己研鑽できていないことが多くなっています。

 

全国各地の学校で、非常によい授業を行っている先生がたくさんいますが、そのような素晴らしい授業でどのような教材を使用しているかの情報を全国的に共有し、再利用する仕組みはありませんでした。これらの課題を解決する仕組みを作り、日本の教育をより良いものにしたいと考えています。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

実現したい未来

 

『学校で学んだことが、子供たちの「生きる力」となって、明日に、そしてその先の人生につながってほしい。これからの社会が、どんなに変化して予測困難な時代になっても、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。そして、明るい未来を、共に創っていきたい。』

 

2020年4月から始まった新しい学習指導要領には、このような願いが込められています。今まで大切にされてきた『子供たちに「生きる力」を育む』という教育の目標はこれからも変わることはありません。しかし、社会の状況が大きく変化する時代、『生きる力』の定義も大きく変わり、それに伴い教育も大きく変わる必要があります。

 

「生きる力」を育むためには、「学ぶ内容」も変化しますが、「学ぶ方法」も変化する必要があります。そのためには、学校の授業が時代に合わせて変化する必要があります。

 

いま、学校教育全体が、変化の波に直面しています。一人ひとりの先生が、自分ひとりでこの変化に対応するのには、限界があります。しかし、「教育を変えたい」という志を持った人々が集まれば、時代の変化に対応することが可能だと私たちは信じています。

 

得意分野がある先生が授業の資料などをアップロードし、その資料をそのまま、あるいはカスタマイズして他の先生が授業で使う。一つの資料をみんなでアップデートし、より良い資料に仕上げる。教師以外の専門家や研究者、企業が、総合学習などで使える教材や資料をアップロードする。それをすべての先生が利用できるようにする。こういった仕組みを作ることで、学校の授業の質を全体的に向上させることが目標です。

 

学校の先生は、授業の準備に長い時間を割いています。スクールハブを通して授業の準備時間を短縮できることは大きなメリットの一つです。しかし、スクールハブで一番実現したいことは、授業の準備時間短縮の先にあります。

 

先生が生徒と向き合う時間を増やしたり、より良い教育を極めるための自己研鑽の時間を増やすことを実現したい。そして、生徒の学ぶ意欲を促進する授業へ変化を促したいと考えています。

 

スクールハブは、様々な経験や専門性を持った先生の新たな視点、考え方に「出会う」場です。スクールハブを通して、これからの時代の新しい授業、楽しい授業をみんなで作っていきたい。

 

「授業が変われば、子どもが変わる。子どもが変われば、未来が変わる。」
スクールハブが、みんなで教育を、そして世の中をより良いものにするためのツールとなれば幸いです。

  

スクールハブは、変化への対応を後押しし、
みんなでより良い教育を作っていきます。