スクールハブの使い方

スクールハブは、授業についての新たなアイデアを入手し、授業の質を高め、授業準備を効率化することを目的とした、学校の先生向けの授業資料共有プラットフォームです。教育に関心がある方であれば、誰でも無料で利用できます。

利便性を高めるために、ログインしなくても利用できるように設計していますが、メンバー登録をすることで様々な機能が利用できますので、なるべくメンバー登録をお願いします(ニックネームでも登録可能)。

スクールハブを利用する際は、必ず「利用規約」をお読みいただき、同意の上ご利用ください。


会員登録・ログイン

画面右上にある「ログイン・投稿」というボタン(①)をクリックします。

「ログインページ」が立ち上がります。まだ会員登録をしていない方は、右上の「今すぐ登録」(②)をクリックします。

「新規会員登録」のページ(③)が立ち上がりますので、必要事項を入力してください。本名での登録が望ましいですが、仮名やニックネームでの登録も可能です。必要事項尾の入力が完了したら、「登録」ボタンをクリックします。

登録済の方は、「ログインページ」で、メールアドレスまたはユーザーIDとパスワードを入力してログインします。フェイスブック、グーグル、ツイッターのアカウントでログインすることもできます。(④)


資料などの投稿・共有

授業の資料などを共有・投稿する場合、ログインした状態で、画面右上の「ログイン・投稿」(⑤)をクリックすると「資料」「動画」「動画URL」「音声」のボタンが表示されます。

授業の資料(pptx、docx、xlsx、pdf、keyなど)を投稿する場合は「資料」をクリックします。

 

アップロードするファイルは、パワーポイントなど編集可能なファイルでアップロードしていただくと、他の先生が授業で利用しやすくなります。また、書籍等の著作物を許可なく複製したり、そのまま貼り付けた資料など、著作権法を侵害するような資料のアップロードは固く禁止します。

授業に関連する動画ファイル(mp4、mpg、wmv、mov、aviなど)を投稿する場合は「動画」をクリックします。

 

YouTubeなどの動画URLを紹介・共有する場合は「動画URL」をクリックします。

 

音声ファイル(wav、mp3、aac、wmaなど)を投稿する場合は「音声」をクリックします。

 

「資料」「動画」「音声」を投稿する場合は、「タイトル」(⑥)、「教科・カテゴリー」(⑦)、「資料の説明」(⑧)を入力します。

 

「+詳細設定」をクリックすると「タグ(キーワード)」(⑩)、「プライバシー」(⑪)、「コメントの可否」(⑫)を設定する画面が開きますので、設定してください。こちらの項目は設定しなくても問題ありません。タグ(キーワード)を設定すると検索されやすくなります。「プライバシー」、「コメントの可否」は基本的には「公開」、「有効」としてください。

 

入力・選択が終わったら、投稿する資料ファイル、動画ファイル、音声ファイルを⑬の点線で囲まれたエリアにドラッグ&ドロップで移動させてください。「こちらをクリック」をクリックして投稿するファイルを選択することも可能です。

 

投稿するファイル名の最初に半角の英字か数字を入れるようにしてください(例:s1小1算数_時計の読み方)。

 

また、投稿ページにつかうイメージ画像のファイル(jpegまたはpng)をアップロードすることをお勧めします。

 

ファイルを添付し終えたら「投稿する」ボタン(⑭)をクリックします。1~2秒ほどで投稿が完了します。

 

動画URLの共有

YouTubeなどの教育関連の動画URLをシェアする場合は、「ログイン・投稿」ボタン(⑤)⇒「動画URL」ボタンをクリックします。

開いたページの「シェアするURL」(⑮)、「タイトル」(⑯)、「カテゴリー」(⑰)、「タグ」(キーワード)(⑱)、「資料の説明」(⑲)を入力してください。

入力が完了後、「投稿する」(⑳)をクリックすると約1~2秒で投稿が完了します。


資料の検索

資料を検索するには、画面上部のメニューバーにある「資料を探す」ボタン(㉑)をクリックします。クリックすると「小学校」「中学校」「高校」などのカテゴリーが表示されます。カテゴリー名をクリックすると、教科が表示名されます。カテゴリーまたは教科名をクリックすると、該当する資料が表示されます。

メニューバーの下の「教科の選択」ボタン(㉒)をクリックしてカテゴリー・教科を選択して資料を検索することも可能です。


資料の閲覧・ダウンロード

検索した資料を閲覧・ダウンロードするには、「資料をダウンロード」ボタン(㉓)をクリックします。

 

なお、スクールハブでは、世界最高クラスのウイルス検出能力を持つウイルスチェック機能を使用し、ファイルのアップロード時にウイルスチェックを行っています。